もうすぐ発売コミック

発売日間近のコミックを紹介!購入予約を急げ!

「縛って膣内出しッ!〜絶対陵辱調教〜 」(けつももこ)

   

縛って膣内出しッ!〜絶対陵辱調教〜 

縛って膣内出しッ!〜絶対陵辱調教〜 

サークル: けつももこ
発売日: 2014年07月24日
ジャンル: ロリ 緊縛 凌辱 調教 ビジュアルノベル

★ 少女を凌辱する物語です。エロ脚本家:オニギリさん。ねちっこく、執念深く、非常に濃厚で、執拗に少女を追いかけ凌辱します。
  ここでは小説の一部をご紹介させていただきます。
【柊花】「あぁん!また膣内でいっぱいでてりゅのぉぉぉぉぉっ!おほぉっ!」

「まいったな。柊花の膣内が気持ち良すぎて、うっかり出してしまったよ。まぁいい。時間はある。時間はな……」

【柊花】「……今度は首輪まで」

「ああ、君のために用意したんだ。気に入ったかい?」

【柊花】「……もうどうにでもして」

「ふふ……元気がないのはつまらないなぁ。じゃあこうしよう」

パシン!

【柊花】「えっ?!ちょっと?!」

パシン!パシンッ!

【柊花】「ひゅい?!」

「ふふ。ケツを叩かれて感じるか。雌ブタの上にマゾブタだなんて、本当に柊花は救いようがないなあ。淫乱ビッチだよ」

【柊花】「ふ……ふぇぇぇぇ……。ぐすっ……」

「心配しなくていい。僕は柊花を愛しているからね。柊花がどんな淫乱ビッチだろうが気にしないよ。それに僕専用になるんだから問題ないさ」

パシン!パシン!パシーン!

【柊花】「きゅぅぅぅぅぅぅうううううううっっ!」

「ふはは……感じまくってるな。マンコぐいぐい締め付けてくるぞ。そらっ、膣内に飲ませてやる!」

ドクン……ドクン!ドピュピュッ……!

【柊花】「ああ……らめぇ……。膣内熱い……熱いのぉ…………」

「くくく……だいぶ馴染んできたな。いい調子だ。それじゃあ柊花。また会おうね……」

■海で
ズプ……ヌチュ……!

【柊花】「まさか林間学校についてくるなんて……」

「ふふふ……柊花が僕と離れている間寂しがるんじゃないかと思ってね」

【柊花】「もういい加減にしてよ……!私はあなたの恋人でもなんでもない!」

「何を言ってるんだい?あたりまえだろう?恋人じゃなくてご主人様と雌奴隷の関係じゃないか。あんなおままごとをやってるような連中とはワケが違う。もっと僕と柊花は固い絆で結ばれているんだよ」

【柊花】「ふぇぇぇぇ……。もう……いやぁ…………」

「そうかそうか。泣くほど嬉しいかい。僕も嬉しいよ柊花」

【柊花の友達】「ねぇーーーー?!柊花どこいったのーーーー!!」

【柊花】「……っ!?」

「おや……お友達が探しに来たみたいだねぇ。見つかると大変かな?」

【柊花】「そっ……そうよ!それが分かってるんだったらとっとと退散しなさい!」

「いやあ……残念だよ柊花。それがねぇ……さっきから君のマンコがぎゅうぎゅう喰らいついてきて離さないんだ。これじゃあとても逃げられそうにない。ひょっとして見られるかもって思って興奮してるのかい?」

【柊花】「……っ?!……そっ、そんなワケ!?」

「思ってるんだろう?君のマンコきゅんきゅん言っちゃって今にもイキそうだよ?それにだ……」

「もし本当に僕のことが嫌ならここで大声を出して助けを呼べばいいのに何故そうしない?」

【柊花】「そっ……それはっ……?!」

「それをしてしまえば、君は僕に二度と会わなくてすむかもねぇ……。いや……二度と会えなくなるのさ。そしてこのおチンポを二度と入れてもらえなくなるんだ。それが嫌なんだろう?」

縛って膣内出しッ!〜絶対陵辱調教〜  縛って膣内出しッ!〜絶対陵辱調教〜  縛って膣内出しッ!〜絶対陵辱調教〜 

「縛って膣内出しッ!〜絶対陵辱調教〜 」の続きはこちら

 - けつももこ , , , , , ,